インタビュー

|

副業・兼業

ミドルシニア

キャリア

ミドルシニアがキャリア自律に向けて第一歩を踏み出すためのポイント

記事のまとめ

  • ミドルシニアのキャリアの悩みは、キャリア形成の不透明さや社会背景の影響が大きいが、企業のキャリア支援は限られているため、ミドルシニア自身が行動を起こすことが必要

  • セカンドキャリアプランを作成し、小さなステップから行動を起こしてみることが、ミドルシニアのキャリアの課題解決への一歩となる

  • ミドルシニアが複業需要の高まる労働市場で活躍していくためには、他世代との協業や学びの姿勢を持つことが最も重要である

ミドルシニアと呼ばれる40代以降のビジネスパーソンは、長年はたらいてきた中で「一体自分に何ができるのだろう」「長い人生、これから先どのようにはたらいていけばよいのだろう」と、悩む人も多いようです。

このような迷える人たちが、キャリア自律に向けて一歩を踏み出すためには、どのようにしたらよいのでしょうか。ミドルシニアの 「キャリア自律」を支援している株式会社ライフシフトラボ取締役兼キャリアコーチを務める勝田 健氏に、お話を伺いました。

ミドルシニアが持つキャリアの悩みには、社会背景が影響する

ーーミドルシニアが持ちやすいキャリアに関する悩みを教えてください。

勝田氏:ミドルシニアが持つキャリアの悩みの大半は、「これから先、どのようにはたらいて生きていけばいいのかわからない」ということです。

私が運営するミドルシニア層を対象とした複業スクール「ライフシフトラボ」を受講頂く方は、40代以上のミドルシニアの方が対象です。ほとんどの方が、その先のキャリアをどのように形成すれば良いのかがわからないと口にします。

近年、政府が副業解禁やリスキリングを推進しており、キャリア形成に対する意識が高い人は増えています。会社を辞めるというリスクを冒さずに、自分の市場価値やスキルアップを図ることが可能となりました。しかし、その機会を活かせているのは40代以下の若手がメインです。

ーー近年、ミドルシニアがキャリアの悩みを抱く理由は何なのでしょうか?

勝田氏:まずミドルシニアの背景について話しますと、彼らが就職時に置かれていた社会情勢は就職氷河期、そして第2次ベビーブーム世代。人口ボリュームが大きく、就職活動自体にも苦労しています。また、定年退職まで1社で勤め上げる終身雇用モデルを信じて生きてきました。

そのうえで、1つ目の理由として、昭和型の終身雇用モデルが崩壊し、ジョブ型雇用へと移行しつつあるということが挙げられます。会社が定年退職まで雇用を守ってくれなくなったのです。またジョブ型雇用へと移行したことで、いつでも企業を渡り歩けるようになるために、自分の専門

性を身につけて極める必要性も出てきました。

2つ目は、ミドルシニアがこれから先の人生を生き抜くために参考となる、はたらき方のモデルケースがないことが挙げられます。ミドルシニアの親にあたる層は、団塊世代。先にも述べた通り、1社で定年退職まで勤め上げてきた方達です。現在の社会情勢とは異なるため、ミドルシニアのロールモデルになりません。これが、「どうはたらいていけばよいのかわからない」という悩みの要因となっています。

キャリア自律のためのプロセスと重要なポイント

ーー迷えるミドルシニアがキャリア自律を実現するために踏むべきステップを教えてください。

勝田氏:ミドルシニアがキャリア自律を実現するためには、5つのステップがあります。ライフシフトラボでは、その流れに沿ってキャリア自律に向けた具体的な行動をできるようにサポートしています。

▲「ライフシフトラボ説明会資料」(画像提供:勝田氏)

勝田氏:最初に取り組むことは、「セカンドキャリアプランの作成」です。キャリアプランといってもすぐに思いつかない方も多いため、仕事・お金・家族・人間関係・人脈という方向性からこれまでの自分の経験を振り返り、「これからの自分がどうありたいのか?」を考えます。

とはいえ、日頃社内で付き合いのある人とだけセカンドキャリアについて話して考えても、選択肢の幅が限定されてしまいます。そのため、社外の人と交流しながら、新たな知識や情報をインプットして視野を広げ、セカンドキャリアプランを考えていくことをおすすめしています。

「専門性を商品化すること」、つまり自分の強みをウリにするプロセスも欠かせません。自分の強みを知っているだけでは、キャリアの課題は解決されません。仮に強みや専門性を「食材」に例えた場合、自分の強みや専門性を知っているだけという状況は、「ニンジンやジャガイモを持っています」というだけということ。これでは、相手に価値を感じてもらうことができません。「ニンジンやジャガイモを持っているので、私はカレーが作れます」というように、強みを活かして誰にどのような価値を提供するのかを考えることが重要です。

このプロセスを踏まえたあとに、最低限の商売道具としてビジネスプロフィールなどの営業ツールを準備し、複業活動に踏み切っていきます。

商売道具の1つである、自己紹介の資料やプロフィールの作成といったプロセスは、就職・転職活動と同じです。実は、複業案件に応募した際の、書類選考の通過率は10分の1程度と高倍率です。単価3万円の案件でも、書類選考を通過できないという時点で、心が折れてしまう方もいらっしゃいます。特に大手企業にお勤めの方に多いですね。

まずこのフェーズを乗り越えることができれば、10社、20社と多数の応募をし続けることができます。このように行動をし続けていくことで成功体験が蓄積されていきますね。

「なるべく完璧な書類を作りたい」「社外で通用する明確な武器を身につけたい」と考える方もいらっしゃいますが、発想の順序が逆です。書類を完璧に作って1社応募しても、書類選考を通過しなければ何も生まれません。アクションの数を増やしていくことで「社外で通用する強みや武器」がわかってくるのです。

▲「ライフシフトラボ説明会資料」(画像提供:勝田氏)

ーーこのような行動を起こすために大切なことはありますか?

勝田氏:キャリア自律に向けた行動を起こすために大切なことは、「小さなステップから始めてみる」ことです。いきなり月10万円を稼ぐというような、大きな目標を立てるのではなく、まずは無償で自分ができることは何かを考えてみましょう。例えば、知り合いに何か困っていることを尋ねてみるなど、身近な人を助けることから始めてみるのがおすすめです。

ーー小さなステップから始めて行動するために、どんな行動がおすすめですか。

勝田氏:例えば「地域貢献」の複業求人に関心がある人がいたとします。その場合、地域貢献に関わる複業案件を探しても、案件自体がないことや、仮に案件があったとしても経験者を求めているといったケースにより、スキルマッチしない例が見られます。そういった場合、まずは地域のボランティアやマンションの管理組合、学校のPTAに参加してみることがおすすめです。すると、本業とは違う仕事を経験できるため、本格的に複業に挑む際にもハードルがだいぶ下がるのではないでしょうか。

最初から「月10万円稼がなければ」など大きな目標を立てると、複業を始めることへのハードルが高くなったり、本業とのバランスを崩してしまったりする可能性があります。

ミドルシニアは、本業の仕事もハードワークな方が多いです。まず無料で1時間複業に充てる時間を確保してみるという「小さなステップ」から始めてみましょう。そのうえで、複業を始める際には、最初は3万円より1万円の案件を受注してみるなど、本業との業務バランスをみながら、どのくらいのパワーを割けるのか、どの程度の事前準備をする必要があるのかを把握することもポイントです。

定年退職後のはたらき方に危機感を持っているため、複業に興味を示している人が100人いたとしても、実際に行動を起こすのはたったの10人です。その中で継続し続けることができる人は1人と、ごくわずか。それほど「キャリア自律を見据えた第一歩」を踏み出すことは、ビジネスパーソンにとって重要であるにも関わらず、緊急度が高くない扱いになっているのです。

定年を迎えるまでの間に、意識的にキャリア自律について考える緊急度を上げ、「小さなステップ」から始めていくことが大切なのではないでしょうか。

キャリア自律を実現するための課題と1番大切なこと

ーー個人がキャリア自律に向けて行動を起こす中で、企業も何かサポートをしているのでしょうか?事例があれば教えてください。

勝田氏:一部の大手企業では、ミドルシニア向けのキャリアプラン研修を行っています。しかし、実際にミドルシニアのキャリア支援に取り組んでいる企業は、ごく一部に限られています。

ミドルシニア向けのキャリア支援内容は、再就職に向けたものがほとんどで、キャリアの課題を解決するわけではありません。支援の1つとしてキャリアプランの研修を実施しますが、その内容はキャリア面談で「自己理解」や「セカンドキャリアの生活資金問題」について思考するのみで止まることが多く、その先のキャリアを広げるための行動促進につながるものではありません。一時的に自己理解を深めても、実際にキャリア自律に向けて行動しなければ、キャリアの課題は解決されないままです。

ーーミドルシニアがキャリア自律を実現するために、1番重要なことはどのような点でしょうか?

勝田氏:ミドルシニアに自ら学ぶ姿勢があるかどうかが重要なポイントになります。

「これまでの経験を活かして協業する人たちに教えてあげよう」といった、上からのスタンスは望ましくありません。これから先の長い人生で仕事を続ける場合、若い世代と仕事をすることが多くなります。彼らに寄り添う姿勢や、学ぶスタンスが大切です。

現代の労働市場における人手不足はこれからも継続するため、特にスタートアップや中小企業においてミドルシニアの複業需要はあると思っています。ただし、ITリテラシーを高める必要性や、カルチャーフィットをするかという問題はありますね。

企業が人材を受け入れるかどうかの分かれ道は、たとえ複業であったとしても最終的には「一緒にはたらきたいと思える人かどうか」です。 これから先の人生をより豊かなものにしていくためにも、「身近なところで人のためにできることを考えてやってみる」「謙虚な気持ちで他世代の人と接してみる」。まずは、こうした行動とマインドセットを持つことから始めてみてはいかがでしょうか。

(書き手:さおりす/編集:永見 薫)

<プロフィール>

勝田 健

かつた たけし

株式会社ライフシフトラボ 取締役兼キャリアコーチ

大学卒業後、『流通革命』『価格破壊』を標榜していた流通業界最大手のダイエーに入社。 高度にマニュアル化された販売業務を行う一方、個人の能力が最大限に発揮できる環境に興味が湧き、創業6年目のセプテーニに中途入社第一号社員として入社。約4年の在籍で社員数が5倍に成長したことから、個人の成長と会社の成長はリンクすることを実感。 その後、リクルートキャリアに転職。約15年間在籍し、数々のグループ(大手製造業・経営幹部クラス人材・九州支社など)の営業責任者を歴任。「人」によって企業が変わること、「働く喜び」によって個人が変わることを実感し、スタートアップに特化した転職エージェントのオプティマスに転職。 「100年LIFE」の現在、自身も50歳になり、ミドルシニアのキャリア課題を「実践型ビジネススクール形式」で解決するライフシフトラボの事業可能性に強く共感し、参画。トレーナーとして受講生の複業・転職支援に伴走。23年1月より取締役としてライフシフトラボ事業を統括。

あなたにおすすめの記事

Recommended

新着記事

New Articles

ランキング

Ranking

Follow Us

SNSをフォローして、お役立ち情報や最新のイベント情報を受け取りましょう

HiPro Direct

業界最大規模の転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリア株式会社の
副業・フリーランス向けマッチングプラットフォーム「HiPro Direct(ハイプロダイレクト)」では、 様々なお悩みを解決し、あなたらしい働き方の実現を応援します。

  • 累計10,000人以上の
    副業者・フリーランスが登録

  • 日本を代表する大企業の
    副業案件も多数掲載

  • 地域副業に特化した
    コンテンツページも充実

  • 土日、週1、フルタイムなど
    さまざまな働き方が選べる

  • 掲載案件のうち90%が
    リモートワーク可能なお仕事

  • 短期1時間/回のスポットコンサル案件から
    副業可能(報酬1万円~/H)

HiPro Direct

HiPro Direct(ハイプロダイレクト)は、
dodaを提供する人材サービス大手
パーソルキャリアが運営しています。
私達は「はたらいて、笑おう。」を理念に持ち、
みなさまのキャリアに対する不安やお困りごとを
解決すべく、
また、その先にあるご自身のキャリアを
自ら描けるよう
「はたらく」を自分のものにすることを
応援いたします。